胃薬の正しい飲み方

胃薬の正しい飲み方の豆知識

胃薬を飲む前に種類を確認する

市販されている胃薬には、大きく分けて二種類あります。

  • 消化剤
  • 胃の消化作用をたすけるもの
  • 中和剤
  • 胃酸過多に効くもの

この二種類の、症状に合わせて飲みわけないと、
かえって逆効果を生んでしまうことになります。
その使い方を知るためには、胃液の働きを知る必要があります。

 

胃液には、食べ物を消化する働きと、胃そのものを溶かさないように守る、という
2つの作用があります。
健康な胃であれば、この働きのバランスが上手くとれているじょうたいです。

 

食べ過ぎは、消化剤の胃薬

 

これは、常識ですね。
食べ物の消化、分解を助けてあげることが大切です。
それでも、胃が食べ物の消化ばかりにはげんでしまうと、胃を守るほうの働きが弱くなってしまいます。
これが、胃酸過多の症状です。

 

この時に、「消化剤」の胃薬を飲んでしまうと、消化作用がますます進んで、
胃を守る作用が衰えてしまいます。

 

最終的には、胃そのものを溶かしてしまい、胃潰瘍の原因にもなりかねません。
胃酸過多には、「中和剤」の胃薬を飲んで、消化作用を抑えるのが、正しい胃薬の飲み方です。

 

逆に、胃液の分泌の少ない人が、中和剤を飲むと、胃を守る働きばかりが強くなってしまいます。
そして、消化不良を起こしてしまいます。

 

市販の胃薬には、「消化剤」にも「中和剤」にも効くという薬が出まわっています。
豆知識として、胃薬を飲む前に、一度確認してから服用されたほうがいいですよ。

 

胃薬の正しい飲み方と同じカテゴリー

注射の痛みを和らげる方法
注射の痛みを和らげて軽くする雑学と豆知識です。
レスベラトロール効果
レスベラトロールの効果の雑学と豆知識です。長寿遺伝子を働かせるとこができるというレスベラトロール。興味アリアリです。