オウム 言葉 教える方法

オウムに言葉を教える方法

オウムに言葉を教える方法は人間の忍耐力次第

日本では、オウムや、九官鳥に教える言葉といえば、
「オタケさん」「キューちゃん」が最もポピュラーな言葉ということになっています。

オウム,言葉,教える方法


当然、こんな言葉では、物足りないという方々もいらっしゃると思います。

 

オウムに言葉を教える場合は、言葉を覚える能力がオウムによっても違うということを覚えておきたいものです。
そして、その成功のカギは、教える人間の忍耐力にかかっている、ということを肝に命じておいていただきたいのです。

 

オウムへの言葉の教授法の最大のコツは、オウムに気を散らせない、ということ。
そのためには、なるべくシンプルな部屋で、なおかつ薄暗くしておく、
ということです。

 

あとは、とにかく辛抱あるのみ、と思って、覚えさせたい言葉を繰り返し言うしかありません。
なかなか覚えないのに腹をたててやめてしまったり、
「バカヤロウ」などと暴言を吐いては、オウムの機嫌を損ねかねません。

 

そんな忍耐力も時間もないという人は、オウムい覚えさせたい言葉をCDやiPodなどに
吹き込んで、毎日繰り返し聞かせるという裏技もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オウム 言葉 教える方法と同じカテゴリー

シッポをふっている犬に近づくときの雑学・豆知識
しっぽを振っている犬にどう対処すれば良いのかの、雑学と豆知識。
子犬 選び
子犬を選ぶときの雑学と豆知識。ミソッカスの子犬を売りつけられないコツ。