子犬 選び

子犬選びのコツ

子犬い選びは親犬を見るのが一番

「嫁をもらうときは母親をみよ」とよく言われます。
それが、将来の伴侶の姿、といえるからです。

 

同じように、子犬を買うときも、親犬を見るようにしたいものです。
犬だって、当然に、子は親に似るものです。

 

親の姿が、その子犬の成長した時の姿なのです。
犬の世界でも、蛙の子は蛙なのです。

子犬,選び

 

親の姿が気に入って、目星をつけたら、今度は子犬を細かく観察します。

 

まず、目の前で手を動かして、動きを目で追うかどうかを観察します。
目の見えない子犬が、案外多いからです。

 

さらに、子犬の尾を引っ張ってみます
それで、怒ったり、うなり声をあげるような犬がいい犬です。

 

逆に、居を引っ張っても怒らないような犬は、元気がなさすぎます。
あとあと病気が心配で、パットには避けたほうが無難でしょう。

 

もっとも、一般的にペットショップでは、親犬を見ることはできないものです。
それなりの犬をじっくり選ぶには、専門雑誌のコーナーを利用したほうが
いいかもしれません。

 

子犬 選びと同じカテゴリー

シッポをふっている犬に近づくときの雑学・豆知識
しっぽを振っている犬にどう対処すれば良いのかの、雑学と豆知識。
オウム 言葉 教える方法
オウムに言葉を教える正しい方法の雑学と豆知識です。かわいいオウムを飼ってみましょう。