論述テストの書き方

論述テストの書き方

論述テストの書き方は、実は採点官への印象

論述テストの書き方のコツは、採点官への思いやりをもって書くことです。
いかに楽しんで採点していただくか、というサービス精神が、合格答案を生み出すのです。

 

そのためには、物語をしっかりさせることが、論述テストの書き方の大切なところです。
採点官も人の子です。
だらだらと長いだけの答案には、腹も立てれば、あくびもするでしょう。

 

そこで、物語のたて方ですが、決して格好良く書こうと思わないことです。


「○○」についての論述ならば、
書き方は、

  1. 「○○は〜である」
  2. 「そして、それは・・・・だ」
  3. 「しかし、・・・・でもある」
  4. 「つまり、○○は、××だ」

という、最も単純な物語でいいのです。
このほうが、短時間にまとめやすくて、試験管も読みやすいからです。

 

もちろん、答案用紙いっぱいに書いたほうが、印象はいいに決まっています。
たとえを引いたり、自分の考えを述べながら、なんとか文章を引っ張っていくのです。


長くても、物語が単純な分、ほかの論述答案より、採点官は読みやすいはずです。

 

また、個人的な体験やエピソードを書くのは、引き伸ばしの常とう手段です。
あなたの体験談は、世界でただ一つのエピソードです。
どんな書物にも載っていないので、何十何百と似たような答案を読んでいる採点官も
ほっと一息つけるのです。

 

論述テストの書き方は、採点官の手を止めることができれば、かならず合格できるのです。

 

 

 

 

 

 

論述テストの書き方と同じカテゴリー

侍従 なる
侍従になるための、雑学と豆知識を知っておけば楽しい仕事ができますよ。
山伏になる方法
山伏になるための、雑学と豆知識です。かわった ?職業なんでしょうか。
セールスマンの話法
セールスマンの話法の雑学と豆知識を知っておけば、対人関係も解消?
けちな先輩と飲むとき
おごってくれないけちな先輩と飲むときの方法の雑学と豆知識です。
化粧品 販売 方法
化粧品セールス販売方法の雑学と豆知識で、コツを知りましょう。
郵便局アルバイト
郵便局のアルバイトの雑学と豆知識です。実際に体験したところからのコツです。